メール配信を利用するデメリット

必ずしも見てもらえるとは限らない

メルマガは配信をしても必ず見てもらえるとは限りません。メルマガ登録者の多くは、会員登録だけ済ませてメルマガまで目を通さずに終わってしまいます。よりターゲット層が狭いメルマガの場合は開封してもらえるかもしれませんが、ただ登録しただけではゴミ箱直行になる可能性も否定出来ないのです。つまり、せっかくのメール配信が見られもせず終わってしまいます。また、ウィルスや迷惑メール対策で仕事や緊急時以外必要なメールを開封しないユーザーも多いでしょう。その場合どんなに頑張ってもなかなか読んではもらえませんし、多少の割り切りは必要になります。これらデメリットは幅広いターゲット層に送信するメルマガで特に起こりがちなので注意しましょう。

毎回アイデアを出さなければならない

有用なコンテンツを配信するにしても、定期的にメール配信できなければユーザーは離れてしまいます。コンテンツネタが枯渇してしまったり、そのコンテンツの内容がターゲット層にマッチしていなければ簡単にメルマガ契約を切られてしまうのです。そのシビアさが、メール配信のデメリットと言えるでしょう。画像や動画を送付することもできますが、メールサービスによってはデフォルトで非表示にされていることもあります。基本的にはやはり文章力で勝負することになりますが、この文章力に自信がない場合はコンテンツ内容が薄いと捉えられてしまい、結果的にユーザー離れの原因となってしまうのです。アイデアと内容の濃さの両立、この難しさが、参入障壁の低いメール配信の難しさでもあるのです。

メール配信のサービスは、特定のターゲットの顧客に対して、ニーズに合う商品をアピールするうえで効果的な手段のひとつです。